速度・料金で最新の格安スマホ端末の選び方を紹介します!

 

当サイトを閲覧して頂き、ありがとうございます。

 

「格安スマホ」、最近この言葉が気になっている人も少なくないと思います。大手キャリアのスマホは料金が高く、家計を圧迫してしまいますよね。

 

出費を大幅に削減できるのであれば、乗り換えたいと考えるのも無理はありません。

 

大手通信キャリアでスマホ契約をすると、およそ毎月7000円かかります。実質0円で端末が手に入る時代は終わり、さらに本体代金がプラスされる事もあります。

 

これが格安スマホですと、種類にもよりますが、通信料と端末代を合わせても毎月2000円ほどで済んでしまう事もあるのです。

 

安いとなると性能は大丈夫なのか?と思われるかも知れません。

 

しかし、格安スマホとは呼べないような性能に秀でたハイスペックな端末も用意されており、ニーズに合ったラインナップから選ぶことが出来ます。

 

格安な端末でも人気モデルの多くは海外製となっており、日本製よりもコストパフォーマンスは高く、ゲームなどしないのであれば全く問題のない性能といえます。

 

このサイトでは、格安スマホに乗り換えたいと思っている人へ向けて、格安端末の入手方法、メリット、デメリットから、おすすめの格安スマホ会社(MVNO)まで紹介しています。

 

どうかここを参考にして、お好みの機種を選んで下さいね。

 

格安スマホの比較ランキングはコレ!

すでにスマホを持っていても、いなくても、MVNO会社と契約するのがお勧めです。セット契約の端末がお得だからです。

 

そこで、今話題の会社のなかから、いちばんおすすめの格安スマホを紹介させていただきます。

 

自分に合った格安スマホ会社を探したい!、そんな時にぜひ参考にして下さいね。

 

 

TONE(トーンモバイル)

TONE(トーンモバイル)は、トーンモバイル株式会社が運用している格安スマホのサービスです。

 

TSUTAYAを運営しているカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社と組んでいるということもあり、スマホの利用代金でTポイントが貯まります。

 

TONEなら、スマホ端末が格安で購入できます。

 

  • 5.5インチという大きめの画面
  • 本体についてくる箱にTONE(m15)を置くだけで不具合を直してくれる機能
  • スマホ本体をなくしても、パソコンからTONE(m15)を探せる機能
  • インターネット使い放題で、月額1000円で利用することが出来るプラン有り

 

 

TONE(トーンモバイル)について、さらに詳しくお知りになりたい方は、こちら、TONE(トーンモバイル)とは?おすすめの格安スマホを徹底解説!をどうぞ!他の機種の情報を含め、かなり詳しく説明してくれています。

 

 

 

 

トーンモバイルの評判や口コミを教えてください

トーンモバイルの評判や口コミを見てみると、シニアや小中学生の子供がいる世帯で評価が高いです。

 

利用するとTポイントが貯まるので、利用する店舗でポイントが貯められることが多ければ非常にお得に利用できるでしょう。

 

トーンモバイルはTUTAYAが提供している格安通信回線の会社で、機種端末や通信システムの開発を自社で行っています。

 

通信料金が低めに抑えられていて、十分なサポートも受けられると評判が良いです。

 

スマートフォンを初めて使う方や操作に不安があるシニア層にも安心して使えるという口コミがあります。

 

また、格安回線会社の中で唯一全国子ども会連合会に推奨されているため、小さい子供にも安心して使わせられます。

 

オプションサービスを付けることで有料のアプリの購入を制限したり、フィルタリングをかけて危険なサイトへの誘導を防いだりする機能があり、子育て世帯にも評判です。

 

オプションを付けても他社と比較して料金が安価であるという口コミも見られます。

 

ただ、トーンモバイルを利用するにあたり注意をしなくてはいけないことがあります。

 

対応する端末の種類が少なく、SIMカードとスマートフォンがセットでないと契約できないことです。

 

初めての場合には使いやすい機種端末なので、事前に確認するといいでしょう。

 

格安SIMのトーンモバイルのシンプルな料金プラン

格安SIMのトーンモバイルが提供しているプランはシンプルな1プランのみという分かりやすい料金体系です。

 

基本プランの「おトクなシンプル1プラン」は月額たったの1000円で月間データ通信容量無制限と050通話のIP電話に加えてサポートとあんしん機能がセットになったSIMです。

 

接続方式は日本全国の幅広いエリアをカバーしたNTTドコモのLTEと3Gに対応し、概ね500kbpsから600kbps程度のデータ通信が無制限に利用できます。

 

IP電話はインターネット回線を利用した音声通話で050の電話番号が付与されます。

 

通常の音声通話料金が30秒20円のところ、トーンモバイルのIP電話アプリから発信すれば通話相手が加入電話の場合は全国一律3分13円、国内のケータイやPHSの場合は3分21円となるのに加えてトーンモバイルのIP電話利用者同士であれば無料になるという大変お得なサービスです。

 

さらにオプションサービスの月額利用料金が500円のIP電話050かけ放題を申し込めば10分以内の国内通話が回数無制限でかけ放題となります。

 

トーンモバイルは分かりやすいシンプルなプランと安心安全のサポートも兼ね備えた格安SIMとして高い評価を得ています。

 

トーンモバイルのデメリットを前もって理解しておこう

トーンモバイルはお得感が嬉しい格安スマートフォンサービスですが、デメリットもまたありますので欠点は予め把握しておきましょう。
そもそもトーンモバイルに限らず、どの契約にもメリットとデメリットはあるものです。

 

契約が簡単に出来る手軽さとスマートフォンの基本料金が激安なのがトーンモバイルの利点ですが、他のキャリア契約に比べて自由度は残念ながらかなり低めです。

 

そもそも選べる端末がトーンモバイル指定の製品になります。
そのため友達や知人が利用しているような高機能な製品、最新のモデルの物は使えません。
安さだけで選ぶと後で周囲の人々の端末が羨ましくなってしまうかもしれません。

 

他に動画視聴やゲームプレイを楽しみにしている方は要注意です。
トーンモバイルの端末でも動画再生、ゲームアプリのプレイ自体は可能ですが、いわゆる通信のスピードが他に比べて遅くなっています。

 

ストリーミング配信されている動画コンテンツを再生した場合、度々ロード状態になってしまい、ストレスを感じる可能性大です。

 

最近流行のリアルタイムでデータをやり取りする本格的なスマートフォンゲームもまた延滞が発生やすく、エラーで対戦が中断したり、回線状況が悪い事を理由にまけてしまうなどのデメリットがあります。

 

トーンモバイルの機種がm15からm17に進化したがどのように変わった?

子供やシニアにもおすすめのTUTAYAのスマートフォンであるトーンモバイルの機種m15が新たにm17となって販売されることになりました。

 

トーンモバイルは従来から子供や機械が苦手なシニアでも使用しやすい仕様となっていましたが、m15とm17でもその点については、今まで通り全国子ども会連合会に推奨された機種となっています。

 

トーンモバイルの機能として、見守り機能TONEファミリーなどが付いている点も評価されていて、子供一人の外出時にも安心です。

 

子供が使いすぎて料金が高くなってしまうことを心配する親御さんも多いですが、トーンモバイルの機種はインターネット使い放題で、月額1000円で利用することが出来るという点も評価されているポイントです。

 

m15からm17になって新たに使いされた機能としては、防水性能が付与されたテント、お財布ケータイの機能を使うことが出来るという点があります。

 

また、ワンセグなども見ることが出来るスマートフォンとなっています。

 

防水機能が付帯しているので、外で遊んで落として濡れてしまった時に故障してしまう心配もないでしょう。

 

お財布ケータイの機能も、子供にお金を持たせずに買い物ができるので、安心してお使いなどを頼むことが出来ます。

 

店舗で対面のサポートが受けられるトーンモバイル

トーンモバイルが提供している基本プランは月額たったの1000円でデータ通信無制限とIP電話がついてくるお得なサービスですが、その中には他に類を見ない手厚いサポートも含まれています。

 

トーンモバイルでは電話や遠隔操作による従来からあるサポートに加えて全国のTSUTAYAの店舗において対面によるサポートが受けられるのが大きな特長です。

 

DVDのレンタルをはじめ本やゲームの買取や販売などでお馴染みのTSUTAYAは北は北海道から南は沖縄まで約1400以上の店舗を展開しており、多くのユーザーにとって徒歩圏内に最寄の店舗が存在しているのも同社の強みです。

 

多くの店舗は24時間または深夜近くまでオープンしており、お仕事や学校の帰りだけではなく知りたい事があればいつでも足を運べるのも嬉しいところです。

 

店内にはスマートフォンや格安SIMを取り扱う専用の窓口を開設し、常駐している豊富な知識を持ったスタッフにトーンモバイルをはじめ購入した端末について、使い方が分からないなどの疑問があれば何でも相談する事ができます。

 

これらの店舗での対面によるサポートを含めた全てのサポートはトーンモバイル加入者であれば何度利用しても無料となっておりビギナーの方にとって心強い存在です。

 

格安スマホとはどのようなもの?

安い料金でスマートフォンを利用できるサービスとして、近年注目を集めている格安スマホとは、一体どのようなサービスなのでしょうか。

 

格安スマホとは、MVNO各社が提供する格安通信サービスを使って運用する、価格が非常に安いスマートフォンのことを指しています。

 

大手携帯電話会社と契約してスマートフォンを利用する場合には、月額7000円台から10000円程度の利用料がかかりますが、格安SIMを使った場合には2000円以下での運用も難しくありませんし、スマートフォン本体の価格も月額500円程度のものまであります。

 

また、格安スマホはSIMフリーの端末となっています。初めに本体さえ購入してしまえば、通信会社を変更してもSIMのみ差し替えるだけで使えてしまうのです。

 

格安スマホとは、スマートフォンを安く買いたいと考えている人や、ウェブページを見たりといったデータ通信をあまりしないライトユーザーに適した通信サービスと考えて差し支えありません。

 

安くスマートフォンを使いたいという人には、格安スマホの利用をおすすめします。